1年後が見えないねぇ~

コロナはワクチン開発頼み…のようだ。

イギリスやアメリカでワクチン開発の先陣争いが展開され

「この秋にも」「10億回分の配布」を計画しているらしい。

「早いもん勝ちでっせー!」

日本も買付に走ってるようだが、はたしてナンボなの?

厚労省は治験に慎重なので簡単に取り入れないだろうし

入ってきたとしても庶民に回ってくるのは再来年くらいかなぁ。

国内開発が成功するのが一番いいんだが。

毎年のことなのであまり注目してなかったが

日本では1年間に1000万人がインフルエンザに感染し

1万人が亡くなっているらしい。

コロナは発生来半年で3万5千人感染し1000人亡くなっている。

コロナについてはその実態や感染の広がりなど

解明できてないことが多すぎるので単純に比較できないが

現状の感染規模だけを見ればインフルエンザの比ではない。

もしかしたら政府が高を括ってる理由はこれか?

国は企業にリモートワークを70%に拡大するよう依頼した。

ビジネスシーンでは淘汰される企業や失業者が増大し

Go To 不発で飲食店や宿泊施設などサービス業は大変な事態に。

ついこのあいだまで「営業利益前年プラス」「就活は売り手市場」

「AIが稼ぐ時代」など、バブリーが飛び交ってたが

「下方修正・赤字決算」「新卒採用見送り」「自宅待機」など

様変わり。はたして1年後はどうなってるやら。

始末に悪いのは「世界中同時進行」だということ。

助けてもらうとか、手を取り合ってとか、頼れるところがない。

アメリカのGDP(4月~6月)は前年比▲32%なんだそうだ。

日本の2020年のGDPは▲5.8%予測が出ているらしい。

収入が減少し、生活はダウンサイジング。

幸せや豊かさに対する価値が大きく変化することが予想される中

「新しい価値観」にコアーズはどう対応していきましょう?

前向きに考えていかねば…ですね。

ビジネスチャンスかといえばかなりのビッグチャンスだが

コロナ後の着地点を分析している人、見かけないもんなぁ。

イナゲも培ったアナログ感覚で、考えてみる…けど。