前回に続き家ごはん

緊急事態宣言の中、特にイベントも無いので
前回に続き家ごはんのお話を。

一時は毎週末毎にカレーを作っていましたが、
流石に毎週末のカレーには飽きてきまして
なにか刺激が強すぎず、優しいものはないかなぁ。
(味もそうだけど技術的にも)
ということで、炊き込みご飯に挑戦することにしました。
炊飯器に入れてただスイッチを
ピッピッっと押すだけなのに挑戦というほど?
普段から自炊していいる方には
なんということもないでしょうが、
料理経験が殆どない私にとっては十分挑戦なのですよ。

炊き込みご飯のお供には
その都度献立を考えるが面倒なので、
基本的に茶碗蒸し+ほうれん草か小松菜のおひたし+
お吸い物のセットにしています。

 

茶碗蒸しには、テレビで見た茅乃舎の
焼きあご入だしパックを使うと
なんとも上品な味になり家族の評判も上々。

鶏とごぼう炊き込みご飯。
こちらも最初のうちは茅乃舎のだしを
使ってましたが、ちょっと繊細すぎるので
普通の顆粒和風出汁を使っています。

筍の炊き込みご飯。
こちらは茅乃舎のだしを使用。
旬の時の筍の炊き込みご飯は最高です!
山椒の葉は庭先から摘んできたもの。

たこと枝豆の炊き込みご飯。
こちらは普通の顆粒和風出汁。
たこは高い!し、枝豆の処理が結構面倒ですが
とっても美味い!

さつまいもの炊き込みご飯。
こちらは顆粒鶏出汁。
とってもお手軽で美味しい。
さつまいもの甘さが決め手。

あさりの炊き込みご飯も作ったことはないので
いずれ作ってみたいなぁ。

土鍋とかで炊けたら、さぞや美味しいだろうけど
ちょっと敷居が高いです。

オカムラでした。

+7