切り干し大根

畑の大根が大量にダブついたので
作ってみました「切り干し大根」。

まず特大大根一本をまるまる「銀杏切り」や「短冊切り」
にして、キャンプの時に使う食器乾かしネット(名称がわからん)
に適当に並べます。(終)

冬場は外に吊るして乾風にあてると乾燥が早いらしく、
でもこの季節、ハエとかも嫌なので室内で日々待ちます。


写真は3日目。なんか、だんだんそれらしくなってきた。
最初のそれに比べるとスカスカ。もっと突っ込めばよかったか?


さらにそれから3日。これ以上縮まないので回収!
…というか、出来上がり?


袋に入れると市販(業務用?)のそれに似て
愛らしくはないが、それなりかな。(終)

第二週目に作った切り干し大根は
ダイコンバーティシリウム黒点病か、途中で黒ずんで来てしまい、やむなく廃棄。

試しに水で戻したら、ふっくらと戻りました。(でも食べる気はしない)

いいオトナの、畑の食の実験コーナーでした。

イチイ