仙人か変人になろう

東京はまた感染者が伸びてきて落ち着かない。

夏場はウイルスは活動しない…ことはないんだね。がっくり。

リモートワークが滑らかに機能して業務は稼働しているものの

身の置き所というか、心の置き所が定まらない。

毎日夕方になると「今日の感染者は000人でした~!」って

なんの疑問もなく鬼の首を取ったようにニュースが叫ぶ。

たまたま調べた人の中にいた陽性者の人数だけが

クローズアップされて一人歩き。

検査を受けた人の素性もわからないし人数の根拠も不明なのに

データ分析に詳しい人からの異論が聞こえてこない。

ホストクラブとキャバクラを指して「夜の街」?

自主的に検査協力してるから陽性者が多くなってるのでは?

そーいえば「夜の街」の代表格銀座からは感染の声は聞こえない。

ってか、「夜の街」の定義はなに?

はたして潜在的な感染者は、どれくらいいるんだろうか。

国はいつになっても積極的に検査するシステムを開発しないねぇ。

オーバーシュートを心配して毎日ハラハラドキドキ過ごしてたら

Go To キャンペーンどころじゃない。

あー、温泉入って一杯やって…。いつになることやら。

庶民ができること。不要不急は家で過ごそう!

そして、出かけるときはいつもポケットにマスクとレジ袋を!

スーパーマーケットでマスクしてないと矢のような白い目。

電車の中より厳しい不文律となりつつある。マスク警察?

ぼやーっとコンビニで弁当買ったら「レジ袋は?」え、3円?

じゃあいいです…って熱い弁当を素手で持って帰れない。う~む。

7月1日からレジ袋有料になって1週間。情報としては理解してたが

マツキヨも道の駅も一斉に始まった。

コロナに気をとられてうっかり軽んじてた。いかんいかん。

移動も外食も控えて、欲望を抑えた四角四面のニューノーマル生活。

ひと息つく間もなくズルズルと夏から秋・冬へ?

仙人になるか変人になるしかないなぁ…と思案するイナゲでした。