イテーヨ イテテーヨ

小雪の舞う寒い朝。
ゴミを出そうとマンションの階段を数段降りたところで
足を滑らせて背中から落ちてしまった。
起き上がろうとするが仰向けのまま体が動かない。
足は動いた。手も動くし首も頭も動く。しかし胴体がどうにも動かない。

困った。
世間体も気になる。
この状態で誰かに出くわすのはとてもマズい。
半端ない寝癖にダウンの下はパジャマ。そしてブーツといった風体である。
たとえゴミ出しと言えども何が起こるかわからない。
やはり髪を整えスーツに革靴で行くべきだ。

20〜30分かけてなんとか起き上がる。
左脇から背中にかけて激痛が走り呼吸もままならない。
痛みで気を失いそうだ。

数時間後、ある程度痛みが治まったところで医者に診てもらった。
骨折である。
背中側の肋骨が2本折れていた。
レントゲン画像を見ると、弓形の骨が鋭く割れており、
変な方向に体を捻ろうものなら
槍のように尖った肋骨が背中から飛び出してきそうだ。

骨の太さから推測して1cm〜2cmほど折れて離れているのだが
数週間で自然にくっ付くという。
笑いながらそう伝える医者に不安を覚えたが、大した怪我ではないということだろう。
しかし肋骨骨折の治療に手立てはない。
鎮痛剤を処方されるのみである。
ひたすら痛みに耐えて完治を待つのだ。
骨を折った後の生活の方が骨が折れそうだ。

2週間が過ぎ、
未だ起き上がる時は難儀だが、かなり痛みは緩和している。
いつのまにか少々の咳にも耐えられるようになった。

折れて離れた骨がどう繋がるのか。
楽しみだ。

事件は現場で起きている! / パンを焼いてみよう

事件は現場で起きている!

「事件は“会議室”で起きてるんじゃない! “現場”で起きてるんだ!!」
映画「踊る大捜査線 THE MOVIE」の有名なセリフですが、
我が家でも事件が起こりました。

↑こちらが現場の写真。
未使用ティッシュが無残に散乱し荒らされた形跡が。
すでに犯人の姿は見えませんね。

しかし今は誰でもスマホで撮影をし、SNSに上げる時代です。
今回も偶然現場近くを通りかかった母親が、
犯人確保の手がかりになる画像をカメラに収めていました。
それがこちら。

手にマキタの掃除機の先の部分のような物を持って
逃走を図る犯人がバッチリ写っています。
複数犯のようですね。
まあ息子氏とモグ氏ですよね(笑)

 

 

パンを焼いてみよう

今年のお正月休みは長かったので、パン焼きをしてみました。

今はもうないパン屋さんなんですけど、
以前そこで食べたパンが美味しかったのが印象的で、
ちょっと自分で作ったらどんなもんかと思った次第です。

目指すのはこちら↓
(以前撮った写真)

柔らかくて、味は甘くて少しバター感があるかんじだったと思います。

確か天然酵母を使ったパンと書いてあったと思うので、
天然酵母使って作るパンの本を近所の図書館で借りました。

本によるとレーズンを使うそうで、
とりあえずレーズンと強力粉を買ってきました。

まずはレーズン起こしから。
レーズンと水を熱湯消毒した瓶に入れておくそうです。
温かくしておけば数日で泡立ってくるそうで、
こんなかんじ。

これが酵母になるのかな?
それを塩と粉と混ぜて元種という形にするそうです。
2回培養します。

それをまた強力粉と混ぜて発酵を2回します。

それで焼くとこんなかんじになりました。

時間配分を考えずに始めてしまったので、
一次発酵が6時間、二次発酵が2時間だったりして、
ほとんど徹夜で朝の4時位に最後の焼くをすることになってしまいました^^;

味は、薄い?弱い?かんじ、甘みとかも少しあるはあるんですが、、あと食感が重い?です。
形もだいぶ違うし、皮もバゲットの作り方だったので硬めですね。。

でも本のとおりにやればある程度まではできそうな様子なので、
粉や温度や時間他、いろいろ変えたりしてまた作ってみようと思います。

 

田中重でした