毎度、毎度のきのこ日記です。

ここ何年か天候不順で
きのこの発生時期がズレまくっています。

例年通りであれば、梅雨時期には一斉に発生しだますが
今年は空梅雨、その後の猛暑続きで地面はカラカラ状態で
初夏のきのこがほとんど発生しませんでした。
9月の中旬になって、八王子近辺でもやっと出てきました〜。

タマゴタケ〜♪ 見かけは
ハデハデですが、
おいしいきのこ。
 
ポルチーニ茸の仲間の
ヤマドリタケモドキ
 
 
こちらもポルチーニ茸の
仲間のムラサキヤマドリ
 
 
こちらも
ポルチーニ茸の仲間の
アカヤマドリタケ
 
こちらは
見かけは美しいですが
毒きのこの
シロオニタケ
可愛らしいテングタケ、
もちろんこちらも毒
 
 
ツチガキというきのこ。
幼菌は食べられる
ようですが・・・。
 
ホウキタケの仲間
食べられるものも
ありますが、こちらは毒
 
ノウタケ老菌
脳みたいなのでこの名前
幼菌は食べられます
 

 

近所でもいろんなきのこが見られますが
そろそろ八ヶ岳、富士山も
おもしろいきのこが見られそうだし、
見廻りに行きたいな〜。

岡村でした。

イミテーション・ラブ?

今年の社員研修は茨城県北部に行きましたね。
最近悪い意味で話題になってしまったJAXAの筑波宇宙センターや牛久大仏などを見て回りましたが、
何と言っても昼食の鰻が久々のヒット鰻だったのは記憶に新しいと思います。


いやあ、本当に美味しかった。
これだけ食べに行く価値があるくらいです。

沼っぺりの雰囲気も良かったですよね。

そんな興奮覚めやらぬ中、土用の丑の日を迎えました。
神田では「うな正」はじめ「きくかわ」などの名店が近くにあり、特に鰻屋選びには困らなかったものの
神保町ではなかなか美味しいお店が見つからない。

とうとう、コイツを試すときがきたようだ。。

うなる美味しさ!
うな次郎!

魚のすり身?そんなことは気にしてはいけない。

もう見た目は完全にうな丼だ。

それが真理だ。

素晴らしい再現度だ。

逆にここまでやる工数を考えたら鰻の方が安く手に入るんじゃないだろうか?
と天邪鬼な考えがよぎる。

いざ、口へ運ぶ。

いや〜ほんと、作った人何考えてるの?(褒め言葉
皮の再現とかもう食品サンプルレベルじゃん。
情熱大陸で特集されてもいいと思うよ。

もしスーパーでこいつを見かけたら
300円くらいで鰻の「気分」が味わえるので
ぜひ試してみてください。

味については言及しませんが、
変なクドさはなく、サッパリいけましたとだけ言っておきます。

そんなイミテーション食材で今気になっているのは、これ!


カネテツ ほぼホタテ6個入り×6個

ネーミングの緩さもいいよね。

「ほぼ」がどの部分をさしているのか

見つけたらバター焼きにしてやろうと思っております。

カネテツさんは他にも「ほぼカニ」や「ほぼカキフライ」なる
「ほぼ」シリーズを扱っていますね。

「ほぼ」海鮮フライ定食も夢ではなくなってきました。

*オマケ*
===============================
体型改善のため、低カロリー、高タンパクを求めて
神保町エリアを彷徨っているわけですが

ありましたよ

この迸る熱いパトスを満たしてくれそうな店が

イイね!
そそられるね

本日の って何だよってツッコミや
ランチプロテインとかいうパワーワードはおいといて
食前にプロテインが出ましたよ

シェイクだと思えば(錯乱

マッチョの爽やかイケメンお兄様方が
笑顔でハンバーグやらステーキやらを提供してくれる
とても濃いお店です

いい肉なんだけど、ハンバーグはよく焼こうな!

会社から徒歩15分、水道橋駅そば。

こちらも是非。
===============================

Y.T

秋は魚!!

暑すぎた夏も過ぎ去り
秋刀魚がおいしい季節になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

涼しくなって過ごしやすいこの時期は
食すサカナも最高ですが、
聴くサカナも最高な気がするので
最近はFISHMANSをよく聴いてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供が生まれたばかりで
今年はまだキャンプに行けてませんが、
できれば家族や友達と秋キャンプに行って
FISHMANSでも聴きながら
ゆっくりしたいな〜
昼間からお酒飲みたいな〜
でも二日酔いにはなりたくないな〜

なんて思ってる大池でした。

UAバージョン。さすがです!!

侵入者??

ある日部屋に入ると襖にかえるが!!

開けてしまった穴を子供が隠そうとした??(ばれ、ばれ〜)

苦肉の策だったようです。

今までは穴がひとつ開くごとに

紙を貼ったりしてごまかしていましたが

↑ つぎはぎだらけの貧乏な家の図。(;´д`)トホホ…

 

ここまで豪快にやられると隠すなんてむり。

もう笑うしかないですよ。

この巨大な穴をどうしてよいかわからないので

今でもオブジェとしてそのままです。

アートですよ。アート。