密かにジョージア

地球をプラプラ散歩してみたいなぁ…と始めた
年1回の海外トレッキングだが
参加者の高齢化や危険な中東事情などにより昨年は中止。
このまま収束してしまうかも…と思っていたら
「ジョージア、行きましよう!」という声があがり
今年一気に具体化した。

ジョージア、知ってますか? 旧グルジア。
Georgiaを正しく発音するとジョージアの方が近いらしい。
2015年に日本政府が日本読みを改名した。

どこにあるかといえば、
トルコの北側、黒海の東側、コーカサス山脈の南側にある。

南コーカサス地方と呼ばれる
アゼルバイジャン、アルメニア、ジョージアの3国は
昔はソビエト連邦に属していた地味〜な国々だ。

栃ノ心、黒海、臥牙丸。3人も関取を排出している親日国。

ほとんどよく知らない東の果ての不思議な島国へやってきて
古式風習がぎっしり詰まった国技相撲で名声を上げるなんて
すごすぎる。

角界のほかに日本人が知っているジョージアといえば
「ワイン発祥の地」 えっ、知らない? …私も知らなかった。

そんなわけで、あまりよく知らない国へこんどはこっちから。
ジョージアどんな国? なに食べてるの? ワイン美味しい? …?
この夏イナゲは密かにコーカサス山脈を見に行ってきます。

花の命は短いもので

GWのプチ遠出に栃木県にある「足利フラワーパーク」へ行ってきました。

18-20歳までの学生時代に住んでいた街の近くですが、当時は全く興味がありませんでした。
そんな人間が花を好きになってきたこと自体、完全におばさんに近づいている感じがしています。

近年、紫色の大藤が話題になり4月にJRの駅が新設されたようです。

昼間は混雑を避けるべく別の予定があったので、フラワーパークには夕方17時頃入園しました。
案の定、並ぶことなく入れましたが、園内は人が多い‼︎

一番見たかった大藤はというと…
今年は春先があたたかく10日ほど早いと言われていたので、ある程度は覚悟してましたが、
花びらがないかなりピークが過ぎた状態でした。

かろうじて咲いていたのは小ぶりの黄色い藤?

ロケーションがいいので咲いていたら、きれいだろうなぁ。。

満開時はこんなにきれい!!(こっちの描を想像して行きました/ネットより)

「美人薄命」という言葉もありますが、花の命は短いなと身に染みた降旗でした。

フェスティバル

フェスの季節到来ですね。

先日とあるフェスに行ってきました。

※超盛り上がってますがSlipknotではありません。

※超盛り上がってますがMarilyn Mansonではありません。

そう実はこのフェスは我が母校の第115回同窓フェスin母校体育館

前日の準備&リハーサルの様子


当日は当番幹事としてドリンク係

まぁBON JOVIは出ませんでしたが
全員で校歌は非常に盛り上がりました。

まぁすごい母校愛!

93回卒 遠藤

映画

先週、数ヶ月ぶりの映画館へ。
観た映画は、『アベンジャーズ/インフィニティ・ ウォー』

クレヨンしんちゃんやリメンバー・ミーでもいいんだよ?と一応 娘(今日で5歳🎂)に確認しましたが、アベンジャーズがいい♪ とのことで。

10年前(もうそんなに!)の、『アイアンマン』から始まったMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)シリーズ。
今回の『アベンジャーズ/インフィニティ・ ウォー』は、今まで公開された18作品が濃密に絡み合う集大成的作品。

見ていなかった、
「ドクター・ストレンジ」
「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.2」
「スパイダーマン」
を一気見してから映画館へ。

予告を観て、少し重いかな、、と心配していましたが、今回もちゃんと笑えるシーンも入っていて、子供でも楽しめました。
個性的で、能力も考え方も価値観もバラバラなヒーロー達をこれでもかと登場させ、
今までの作品の色々なシーン・設定を繋げて、これだけのスケールの内容を、2時間半にまとめた素晴らしさ。
来年の続編も待ち遠しいです。

最近は、考えさせられたり、じんわり心に響く映画より、
お金かかっているぜっ!どうだどうだ!という、分かりやすい映画を観るのが好きです。

一気見した時に一緒に借りた一本
『ワイルド・スピード ICE BREAK』(こちらも気付けば8作目)も、
車に詳しくない私でも、絶対高いでしょ!って車をボンボコ破壊していてスカッとしました。

映画館に親子で行くと、2時間半で4,500円。
チケット購入時は、高いかなと思いましたが、
観終わった後は、4,500円でこれだけ楽しめるなんて!
『アベンジャーズ/インフィニティ・ ウォー』の製作費は3億ドル以上とか。
贅沢な時間を過ごせて満足です。

次は『ミッション:インポッシブル』かな~

さて、こちらはプライスレスで楽しめる社内のホワイトボード落書き。

途中、撮影できない日があり、抜けていますが
前回からの続き↓








1枚しか撮れていませんが↓

すぐに煙突から火が出てしまい、火が出る前を撮れなかった↓









現在はこんな感じです。



お知らせを変えたら、そっちが盛り上がってしまいました。
どうしましょう 笑

やっと半分!

♪デアゴスティーニ♪ から
ロビ2が創刊されたのは2017年6月。

全80号
約1年8ヵ月で2019年2月完成予定。

創刊までロビ2がライザップで鍛えて準備している様子
↓↓↓☆ぜひ見てみてください☆↓↓↓

なんか たまらん~かわいい!!
やるしかない!!

で、
先日やっと40号を過ぎたところです。


作業としてはID番号の書き込みなど
ひたすら地道な作業が続きます。


今は
こんな感じ

ここまできたらあとひと息 みたいにみえますが、
工程としては まだやっと半分を折り返したところです。

「あと10年もしたら、一家に1台ロボットは当たり前」
とも言われていたりして
そこには様々な意見があるかと思いますが

確実に進化し続けるテクノロジーが
「今」
どのあたりにあるのか…

完成したこの子は、いったい
「今」
どんなことができて
どんなことはできないのか…


これはおまけのミニチュア

その検証をする日が楽しみでたまりません。

まつはしでした。

オイリーブルー

お疲れ様です。

森田です。

 

 

毎年梅雨の時期がやってくると天然パーマが暴れ出します。

それが梅雨時期の一番憂鬱なことですね。

 

 

 

ラーメン屋行ってきたので報告させていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

【139杯目】元祖ニュータンタンメン本舗(蒲田)
色々とこのニュータンタンメンの店舗を周ってみたが、ここ蒲田店が好みだ。
平日夜、店に足を踏み入れると、席はすでにほぼ満席。
カウンターはいっぱい。テーブル席が3卓ほど空いていたので、アジア系の店員にここでいいかと聞いてみたところ「3人以上ではないと座れない」となんとも融通の利かない。
後から入ってきた4人組はサッと通すのに、私と友人は15分ほどまちぼうけである。
やっとのことでカウンターが空いたので席に着き、タンタンメンとミニチャーハンを注文。
先にミニチャーハンが到着。少し米や卵が固めでパラパラ具合としては弱い。
遅れて5分後にタンタンメン(中辛)。ニンニクの香りがたまらない。
スープは塩味鶏ガラベースのアッサリめだがコクがあり、唐辛子の辛さが効いている。
ふわふわ卵と食感の良いひき肉がゴロゴロと入りガツンとしたニンニクのインパクト。
これぞ我が地元のソウルフード!麺は生パスタのようなもちもち感で美味い。
先ほどのチャーハンと合わせて食べると、なるほどこれは相性がいい。
味は極上だが、もう少し客のことを考えたシステムを見直してほしい。

 

 

 

 

【140杯目】らすた(代々木)
日吉の家系名店「らすた」の代々木にある支店。
店外にある券売機で「ラーメン680円」を押したついでに
そのまま「ねぎ飯200円」の誘惑に負け発券してしまう弱い心を恨みたい。
すぐ近くに代々木アニメーション学院などの学校があるため学生で賑わっている。
「固め・濃いめ・多め」の早死に三段活用で注文。先にねぎ飯の到着。
茶碗に盛られたご飯に粗挽きコショウとネギとご飯だれの乗ったシンプルなもの。
だがこのシンプルさが激ウマである。ラーメン到着前にかっ込みたくなるのを我慢。
しばらくしてラーメンのお出まし。玉子麺の黄色が美しい。
味覚全てが満たされる極上のスープと太麺ながらツルツルとイケる麺。
「これこれ!」と唸るほどの絶品の味わいに舌鼓しながらねぎ飯をかっこむ。
まさに至福と言わざるを得ない極上のひと時が訪れる。家系が好きで良かった。
ニンニク、豆板醤を入れて深みが一層増した一杯を一気に平らげ、
スープだけは完飲出来なかったものの充足感に満ちた一杯であった。

 

 

 

 

【141杯目】 濃厚ラーメン かなや (方南町)
都内家系名店「桂家」が閉店した跡地にオープンした店。
町田のラーメン屋店主と元ラーメン高校生の方が共同経営しているとのこと。
有名店の跡地ということで、期待も高まるものだ。どれどれ。
店内の券売機で「濃厚ラーメン」を発券。大盛り無料らしいので迷わず大盛りに。
提供されたラーメンは白っぽいスープに太麺、きくらげ、チャーシュー、ネギが盛り
丁度家系ラーメンと博多とんこつラーメンのハイブリッドといったところか。
レンゲでスープをすすると、うおっ!これは強烈なほど濃厚!看板はダテじゃない!
天下一品以上の濃厚さながらも、クリーミーで飲みやすく、しっかりと美味い。
家系っぽい風味もあるが、博多泡系にやや寄った感じだ。
麺は太麺ストレートでモチッと食べ応えがある。しかしこのスープよく絡む。
にんにく&豆板醤を入れると風味は一気に家系寄りに。箸が止まらない。
その場でスライスしていたレアチャーシューは上品な味わい。
きくらげのコリコリした食感が会うのも、このラーメンならではだろう。
新たな名店の誕生に心を震わせながら店を後にした。

 

 

 

 

 

【142杯目】用心棒(神保町)
弊社から靖国通りを渡ってすぐの、元・ラーメン二郎神保町店(現・立川マシマシ)目の前に店を構える、二郎インスパイアの中でも千里眼についで絶大な評価を誇る店。
たまたま店の前を通ったら行列がほとんどなかったため、噂に聞いていたまぜそばを試してみようと思い入店。平日夜でも満席。オフィス街ということもあり男性率は100%だ。
券売機で「まぜそば」を発券し、席に通される。待つこと10分弱、コールの時間だ。
ニンニク・辛玉・ガリマヨでオーダー。そこからしばらくあり、やっとの思いで着丼。
卵黄・鰹節・辛味噌・ネギ・辛味のついた味玉と一面にかけられたガーリックマヨネーズなどの、普段のラーメンには見られないトッピングで個性を出している。
さっそく混ぜて(簡単には混ざらないが)実食。ガツンとした味わいで美味い!
醤油のたった乳化スープのまろやかさと、マヨネーズのコクとが抜群に合う。
極太縮れ麺の弾力ともやしのシャキシャキ感に辛玉のアクセントが加わる。
ワシワシと強烈なパンチを楽しんで腹もいっぱい、満たされて大満足。
夏場は冷やし中華もあるようなのでチェックしたいと思う。

 

 

 

 

 

【143杯目】せたが屋(品川)
品川にあるラーメン&丼のフードテーマパーク「品達」に行ってみた。
高架下にラーメン店が軒を連ね、中には中本やなんつっ亭などの強豪も。
今回は海外にも支店を構える「せたが屋」にお邪魔してみることに。
「せたが屋らーめん」を注文し、しばし待つ。居酒屋のような店内で活気がある。
3分程度でラーメンが到着。うーん魚介系の香りがたまらない。
煮干しや昆布、鰹などの風味の中に動物的なコクのある醤油ベースのスープは、
意外とあっさりしていて、くどくなく飲みやすい。厚切りメンマもコリコリで良し。
味玉は程よく半熟で、よく味も浸みている。スープに沈めて食すとなお美味い。
自社製麺である黄金色の麺もツルツルですべりがよくいくらでもイケそうだ。
何より絶品だったのが、豚の頰肉を使ったというチャーシューである。
トロトロジューシーかつ、程よい弾力を兼ね揃え、単独でも十分通用する出来栄え。
魚介系のスープとの相性もジャストである。
卓上に「ガツンカレー」というスパイスがあったので後半からかけてみることに。
喧嘩するかと思った魚介とカレーの風味だが、相乗効果で新たな旨味が出ている。
次は玉ねぎをトッピングすると、より後味が楽しめそうである。

親子カメラ@動物園

先日、趣味のお友達衆に混ぜていただいて
「多摩動物公園で動物を撮ろう」の会に3歳の娘と参加しました。

私は手持ちのふる〜い EOS kissで、
娘はVisionkidsという6cm四方くらいの小さいデジカメです

この大きさにも関わらず500万画素/8GB容量
フォーカスなどの概念はなく、トイカメラに近い絵が撮れます
撮影ボタンを連打する娘も気にせずバンバン撮れる優れものです

動物園は久々でしたが、気の良いおじさんお姉さんに囲まれて
伸び伸び閉園時間まで遊んできました

こちらは親目線

そして娘の目線

同じものを見ていても視点が全然違って面白いですね

フレーミングとか天才かと思います(親バカ

暖かくなってきたので一緒に散歩にでたり
これからも一緒に愉しめそうです^^

Y.T

カタツムリ

前回少し触れましたカタツムリですが、
飼ってみるとおもしろい発見がいっぱいです。

餌は主にキャベツやニンジン、それと卵の殻をあげています。
卵の殻は自らの殻のためにカルシウム摂取のために食べるようです。
(静かにしていると殻を噛んでいる音が聞こえます♪)
普段はコンクリート!を食べてるそうです。

前回書きましたが、
糞は色素は分解しないので、
キャベツを食べると緑色、
ニンジンを食べるとオレンジ色、
殻を食べると白い糞をします。w

よく自分の糞を抱えていて、
自分の糞を食べてるんか?口からだしてるんか?何処から出ている???
調べてみると殻の付け根辺りの
呼吸孔のすぐ横に肛門があって(なんでそんなところに肛門?)、
糞で呼吸孔を塞がないよう、
速やかに煽動運動で前の方に運んで、
お団子状にまるめるので、掃除はしやすいです。

4本の触覚は上の大きい2本の先には目がありますが
それほどよく見えないようで、なんとなく明暗が分かる程度。
下の小さな2本は匂いや味がをかるそうで
この触覚で食べられるものかを判断するみたいです。

ある日、頭のところにおできのようなものが出ていて
これは病気?と思いしらべてみると
病気ではなくて、繁殖期のためフェロモンをだしているようです。

カタツムリは活動範囲が狭いため、
子孫を残すために精巣と卵巣を両方持つ雌雄胴体で、
子孫をより多く残すために、交尾をした2匹が
それぞれが30〜40個の卵を産みます。

卵を産むと体力がなくなるのか、
数週間で死んでしまうそうです。
一説では、交尾の際に受精を促進するための
「ラブダート」というカルシウムの矢を刺すために
死んでしまうという説も。
寿命は2cmを超える大型のもので2〜4年くらいだそうですが
交尾、産卵をすればそれだけ早く死んでしまます。

家のカタツムリ(ミスジマイマイ)は去年飼育を始め
越冬(冬眠)もさせて愛着も出てきていまいました。
飼い主のわがままですが、子孫を増やすよりも長生きして欲しいので
1匹のまま飼いたいと思っています。

ちなみに、後から見つけた別種の小型のカタツムリ(ニッポンマイマイ?)は
2匹で飼ってます。(増えたらどーしよ。)

岡村でした。

展覧会

こんにちは、伊澤です。

4月に地元の福岡で
専門学校の仲間と展覧会を行いました。

テーマは「ボタニカルアニマル」

イラストレーター、コラージュアーティスト、デザイナーなど様々なジャンルの個性あふれる作家達がそれぞれの視点で「ボタニカル」と「アニマル」を表現しました。



DMのイラストはNAO.TAKAHASHI!
福岡で活躍中のイラストレーター!


入り口にはDMイラストの巨大塗り絵パネルを置き
来場者の方に色鉛筆で色を塗って貰う体験型のアートスペースに。


会場は花で彩りを。

こちらが作品。


それぞれ個性があって面白い!

私はTシャツで「ボタニカル」と「アニマル」を表現してみました。


「ボタニカル」はあえて植物を出さずに光合成の化学式で
「アニマル」はそれぞれの動物の特徴を活かしユニークに


塗り絵パネルも完成!
2日間と短い展示でしたが、
たくさんの人にお越しいただけ、
色々な感想やアドバイスを頂けました。
ただただ感謝。

久々の展覧会。
いい刺激になりました。
また来年も参加しようと思います。

正しい車

自動車、特にスポーツカーが好きです。
スーパーカー世代で、トミカと湾岸ミッドナイトで育ちました^^;

F1では、フランスのポールリカールとドイツのホッケンハイムリンクが復活とのこと!
https://www.cores-co.co.jp/hallo/
セナプロ世代としても懐かしいサーキット名!
(バリバリ伝説(笑)世代としても(^_^;))

フランス車、ドイツ車、日本でもよく知られたメーカーが多いですね。
現在の世界最大の自動車メーカーは、自動車発祥の国でもあるフランスのルノーだそうです。
CEOはカルロス・ゴーンさんで、皆さんご存知のように
日産と三菱自動車の会長でもあります^^;
F1だと、ウィリアムズ・ルノーFW14、15あたりでの、
アクティブサスペンションを思い出す人も多いのでは。

動画↑のようなムニュムニュと自動で姿勢を
制御するサスペンションを載せていて、
速すぎて翌年禁止されました^^;

ドイツにはそれこそ、フォルクスワーゲン、メルセデスベンツ、BMW、アウディ、ポルシェと、あこがれの有名自動車メーカーが多々ありますね。

スポーツカー好きとしては、
ポルシェには昨年大きなトピックスがありました。

そう、現行991ボディの911で、
とうとう「GT2」がリリースされたのです!!

911はポルシェの代表的なモデルの名前で、
991型は7代目で2012年のデビュー、
RRレイアウト(エンジンが後輪の後ろにあって後輪駆動)を取っているのが
最大の特徴のスポーツカーです。

ポルシェの他モデルには、
スポーツカーとしては正しいとされるMRレイアウト(エンジンが前輪と後輪の間
にあって後輪駆動。先のF1マシンも同レイアウト。)を取るボクスター、ケイマンや、
SUV、サルーンとして大人気のカイエン、マカン、パナメーラなどがありますが、
あまり合理的とは思えないRRレイアウトを取る911が、
ポルシェの代名詞、フラッグシップモデルとなっています。

重量物であるエンジンが後ろにあるRRの車は、後ろが重くアンバランス、
加速時に前輪に荷重がかかりにくいなど、デメリットが多いというのが一般的な考え方です。
ただ、正しいとは思えないんだけど、それがポルシェのアイデンティティーで、
なぜか人気なんですよね^^;
ここがポイントなので、991型911の中にもバリエーションが何種もありますが、
アンバランスをなんとか安全な形にして1モデル1モデル、リリースされます。

ざっくり見ると、


ノンターボのRRモデル「カレラ」。


オープンカー「カレラカブリオレ」。


911はスポーツカーなので、エンジンのパワーも大きいですので、
安全を考えてエンジンはR(後ろ)だけど、駆動は4輪(4WD)にしたモデル「カレラ4」。


4WDならターボ行けるか?とターボを付けてさらにパワーを上げたモデル「ターボ」。


やっぱりRRで、でもターボは無しで目一杯パワーを上げたモデル「GT3」。。

ここまでは出るんです。
ここからが長い、なかなか出ない(笑)

最後に残る、、
「ターボ付き」で目一杯パワー上げて、でもRRのままという形、、
アンバランスさを強調することになるモデル、
それがバリエーション「GT2」なんですよね(笑)

先代6代目の997型、先々代5代目の996型でも、
「GT2」はモデルチェンジ前、最後のバリエーションとしてリリースされました。

良心の呵責があるのでしょうか。

なので、エコカー全盛のこの時代に991型はさすがにGT2は出せず、
次のモデルにモデルチェンジだろうと思っていましたし、
噂は立ちましたが実際なかなかリリースされませんでした。

で昨年の6月に出ました。
びっくりです。
先代のGT2からは10年ぶりです。
一気に700馬力!です!

https://www.porsche.com/japan/jp/models/911/911-gt2-rs/911-gt2-rs/

いちおうお尻にRS(レーシングスポーツ?)が付いています。
言い訳でしょう。

最初の、

「カレラ」と比べると、危険な匂い増し増しですよね。
ロマンですね^^

 

そしてわからなくなる車の正しさとは(笑)

 

 

(※ちなみに991GT2は2ペダルなので、AT限定免許で乗れますよ!)

 

 

https://www.porsche.com/japan/jp/models/911/
※画像は上記ポルシェのサイトより引用

 

 

 

 

とても便利なサイト発見

最後に最近知ったとても便利なサイトのご紹介です。

https://yuru-to.net/

「ゆる~と」さんというサイトなのですが、
Google Map上に、温泉がポイントされています。
温泉の情報もポップアップするようです。

ちょっと温泉に寄りたい時に調べるのに便利そう^^

 

田中重