サウナへ行こう(綱島編・後楽園編)

綱島源泉湯けむりの庄(綱島)

神奈川最大級との噂を聞きつけ我が地元である綱島へと行ってみた。
綱島駅の東口を出てシャトルバス(ワゴン?)に乗ること10分。
激安で有名だったスーパー「ビッグヨーサン」の隣の建物に停車。
高級感のある外観とエントランスが、ラグジュアリーな異空間へと誘われる。
土日の一般入館料は1,400円。都内なら3,000円近くはしそうなところだ。
岩盤浴は追加で900円(土日料金)だが今回は断念。
タオルと館内着を受け取り、2階にある脱衣ロッカーへ。
館内は広々しており、どこをとってもおしゃれ。上質な高級旅館に訪れたよう。
ロッカーも広く清潔感があり、浴室にも期待が持てる。
いざ浴場に足を踏み入れると、ここも美意識が非常に高い。
和をテーマにした室内は盆栽が中央に構え、黒い石の作りが一つ大人の雰囲気。
身体を清め、フィンランド式サウナへ。
広めのサ室の中央に大量のストーンを積んだストーブ。人は多め。
奥の方が3段のL字型になっており段差は低く、ドアの近くは温度が低め。
奥の方の3段目に座る。湿度がしっかりとしており温度は90℃台前半。
じわじわと温まるタイプだ。息苦しさはそんななく、テレビがないのでとても静か。
しばらくいると店員が入ってきて、アロマを含んだ水の入った桶を置いてくれる。
セルフロウリュが楽しめ、ロウリュ3杯ほどでグッと湿度が上がり体感温度も上昇。
気持ちの良い汗が噴き出てきて10分ほどで退室。ドアすぐ横にある水風呂へ。
10℃にキンキンに冷えた黒水で深さが1mほど。水質が良いので入りやすい。
しっかりと冷やされたら露天コーナーに移動。ととのいベッドが8つほど。
空が拝め通り抜ける風が実に気持ちが良い。極上のリラックスで疲れも吹っ飛ぶ。
2セットめはスチーム塩サウナで。温度は55℃ぐらいでまったり。
と思いきや、突然「ゴオオオオオオッ」と爆音がすると湿度・温度共に上昇。
一気に熱々のセッティングに。オートロウリュあなどれない。
その後、露天の温泉も堪能。黒湯が売りで、昔綱島にあった「東京園」と同じ泉質なのかも。
フィンランドサウナのセルフロウリュは非常に良いが、サ室に入ってきたばかりの御老人が7杯近くバシャバシャと注ぐと、さすがに耐えられないほど熱い。
学生と思しき客が非常に多かったので、次はもう少し空いてる時に来たいと思えた。

 

 

 

スパ ラクーア(後楽園)

かねてからずっと訪れたかった施設へと足を運んでみた。
東京ドーム横の施設ラクーアの6階へとエレベーターで登るとすぐ受付。
土日だったこともあり、値段は少々高め。期待しないわけにはいかない。
木調の清潔感のあるロッカーを経て浴場へ入ると、今まで行った施設で一番の広さ。
サウナだけでも4種類あり、お風呂の数と浴槽のデカさもとてつもない。
流行る気持ちを抑えながら身体を清め、ヴィルデンシュタインというサ室へIN。
テレビがなく静かで広い。80℃ほどでじっくりと汗をかける感じ。アロマの香りが良い。
しばらく蒸されていると部屋自体がゴゴゴゴと揺れだす。隣接されているジェットコースターの振動が直接来ているみたいで、他では味わえないスリルも共感できる。
水風呂は2種類。渦巻状で最深部が深めの17℃と、浅目バイブラありの22℃。
先に冷たい方に浸かってからぬるい方へと移動する冷冷交代浴が楽しめる。
休憩は露天スペースへ。ラクーアの広場を一望できる席を確保でき、都会のど真ん中で吹き抜ける風が実に気持ちがいい。しばしば聞こえるジェットコースターの悲鳴が天国と地獄を演出しているかのような錯覚を受ける。
お次に100℃のオールドログというサ室へ。こじんまりとしているが3段の高低差があり、薄暗く静かで自分好みである。名前の通り古いログハウスみたいな作りで異国情緒に溢れている。しっかりとした熱さで上級者向けに感じた。
続いてヴェレという部屋へ。暗い室内は最も広く大きいテレビが前面にあり映画館のような感じ。音響もスピーカーから流れてくるようで臨場感がある。
温度は80℃ぐらいだが湿度が一番しっかりしていて体感温度は高い。
最後にフィンランド式サウナの部屋へ。狭いながらも木の温もりに溢れる室内で、温度は70℃ほど。
本来ならばサウナストーンに水をかけるセルフロウリュも楽しめるとのことだが、なぜか今は休止中。温度低めのサ室でじっくり温まることに。
どの部屋も高レベルで、サウナーの欲をすべて満たしてくれるパーフェクトな施設だった。

+4