「萌え」は文化だった

何事も食わず嫌いは良くないですよね

先日遠方から友人がきたとき
秋葉原で飲み食いしたあとに
どうせなら秋葉原らしいとこにいきたいと。。

そこで初めて潜入してきましたよ

メイド喫茶に!

何かにつけて高い料金を取られる(オムライスに名前書いてもらうと300円とか)イメージでいたので
ビクビクしていたのですが

どうせならと大手老舗に突撃

フタをあけてみると、ハイパーエンタメな空間でして
世界がしっかり作られていてロールプレイングがすごい
メイドさんのプロ意識がすごい
正直感心してしまった

システムはお店によって多少の違いはあるかもしれないが
・時間は60分
・飲み物の値段はスタバくらい
・お客さんの半分は外国人観光客

「ドリンク&一緒にチェキを撮る」 セットを注文して1200円/60分
無理のない料金設定と思う

ラテアートに描いてくれるというので面白そうと思い注文

「じゃあ、飲み物が美味しくなる魔法を一緒にやってくださいね」

「!?」

「せ〜の! 萌え萌え〜 ….

(これ本当にやりますからね

ハハッ!

某所に怒られるぞw

チェキは指名した子にステージに呼び出されて
衆人環視の中
付ける耳を選ばされる

素直に黒猫を選ぶ
(もう何書いてるんだかわからないな。。)

正直食わず嫌いなところがあったのですが
気づいたら60分楽しんでる自分がいました

1人でいくと色々切ないと思うので
友人といくことをオススメします。


昨日はエイプリルフールでしたね。
各企業が冗談に対して本気で取り組む姿勢がみえる面白い日でした。

グランドセイコーさんとかすさまじい気合いの入れよう
エイプリルフール特設サイト

本当に売っていたら欲しい。。

某大手フォトサービスでレタッチをやっている友人に聞いたのですが
時計の撮影は専用のカメラマンとレタッチャーがいるのだとか。。

他にもジュゴンが主役のリトルマーメイド(劇団四季さん)とか
いろはす生ハムメロンクリームソーダ味とか。。
まあほんと楽しんでよくやるなあという内容が盛りだくさん

個人的にはコーエイさんのうつけものフレンズに
腹筋がやられましたけど。。

Y.T