よっしゃいくぞ

ライブやコンサートには欠かせないペンライト。

昔はペン先がちょっと光るようなものでしたが、ポキポキして中の液体を光らせるルミカライト(使い捨て)などを経て最近は電池式で光量の強いスティックライトが主流

かつて私がアイドルの現場に馳せ参じていた頃に主流だったものは単色タイプでしたが、ボタンを押すとカラーチェンジ出来るので数ある推し色(※1)にも即対応できるという、なんつうかこう、スグレモノに進化しています。

※推し色…メンバー毎のイメージカラーが決められていることがあり、コンサートなどでは曲ごとにカラーチェンジをしなければいけない場面が多い。因みに秋葉原48はチームカラーだけだが、他グループは複雑で各メンバーそれぞれ2色使いをしなければいけない場合もある=自ずと総員2本以上スティックライトを装備することとなる。難しい。覚えられない。

プラスチック製であるため形状も多岐に渡りJやK等はめちゃくちゃ凝ったグッズを作ったりしていましすが、私が応援している人は卒業コンサート記念に当人の代表曲中で振り回すライトセーバーを模したアイテムが発売されました。ライトセーバーを振り回す曲って何、というところから突っ込みどころがありますがカッケー剣みたいで自分の中の小学生男子が疼きとりあえず嬉しかったです。余談でした。

※大人の男女の恋愛を歌っているはずなのに見えない敵と戦う殺陣まである謎ソング。代表曲。

で。そういうものを用いる場からちょっと離れていたのですが、先日バースデーライブなるものに参加しましたら全プレアイテムとしてスティックライトを授かりました(ライブチケット代に含まれている)。新しいものは久しぶりです。

なんかボタンが増えてるね…?
真ん中の四角いボタンを長押しすると点灯。これはわかる。

えっ… 左右の矢印キーを押すと変えたい色が先に確認できる仕組みになってる…!?
えっえっ…行き過ぎても軽い力で戻せるやつ…?!

じゃあこの色にしたいな…と真ん中の四角いボタンを押すと…

すげーーーー!!!!

進化してるーーーー!!!!

なんか感動した。十何色にも変えられるのでやり方によっては本当に使う色だけ記憶させておけるらしい。進化がエグい。近いうちにUSB充電式が主流になったりするんでしょうね。

昔は色ごとに何本も用意して現場に参加したのが今やこんなにコンパクト。それでも沢山指の股に挟んでハッスルしたい人はいるだろうし、何本も持ち続けることになるんだろうなと改めて思いました。因みに何本も指の股に挟むことをウルヴァリンとかバルログと言います。その際にこんな便利なアイテムまで!となりにいたら邪魔そう!

私は普通のライブでは木魚アクションするより手拍子とかをしたいです。

旅の終わり

7月から3ヶ月間、
ナントカさんについて行きますというライブツアーをほんのり追いかけておりまして
全会場に参じることはまぁ不可能なので、行けるところだけ気軽にぽちぽち突っ込んでいたら
東京含めて全15箇所中7箇所(札幌・浜松・香川・新潟・長野・仙台&東京)に行ってたという
年甲斐もなく自分史上で最もはりきっちゃった夏となりました。

観光はいいですね。観光はいい。観光のついでにライブ。最高。

数カ所巡るとなるとやはり 私も 御朱印集めとかを始めてしまうわけです。
北海道神宮から始めたのでまだそんなに数は多くはないのですが
気張らず行けるところにだけ足を運びつつ
神社とお寺は別にした方がいいとか言うので二冊になり、
また東京十社巡りとか言うのも始めたので(まだ三箇所しか巡ってない)三冊になり……
とりあえずは年内に一冊は使い切りたいカンジ……


ひっこしてから

弊社、神保町に移転してからはや一ヶ月ちょいとなりました。

色々ありましたが、やはり食の環境が変わりました。
これが結構でかいです。

何と言っても揚げ物!カレー!餃子!揚げ物!カレー!餃子!揚げ物!カレー!餃子!
これはたいへん!好きだけど限度がある!

うどんとそばも続くとなかなかアレです。
神田で今まで何食べてたんだろう…と思い返しても
実際カレーばっかり食べてたので大して差はないような気がするんですが
神保町は量が半端じゃないです、大学生の胃袋ってすごいですね。
まだまだひたすら散策中です。

最後に最近見たものを羅列します。

■映画『ラ・ラ・ランド
カメラ一回まわしのプロローグだけで満足度チョモランマですが
終盤の走馬灯のような回顧シーンに滂沱の涙。

■弥生美術館『超絶入魂!時代劇画の神 平田弘史に刮目せよ!
弥生美術館で平田先生の作品を拝める僥倖!ド迫力!神業!
トークショー落選でサイン会も行けずじまいでしたが3月26日まで。

■東京スカイツリー『りぼん創刊60周年記念 250万乙女のときめき回廊
三連休中日のスカイツリータウンを完全にナメてました。
開場と同時に行くもてっぺんに登るまでに1時間待ちで地獄の沙汰!

■代々木第一体育館『こじまつり
原宿を巻き込んで大盛り上がりだった最後の大物スターの卒業コンサート。
涙あり笑いありエモーショナルな二日間でした。

■おまけ:最近買った本『バロン吉元 画侠伝
いい買い物した……