train-train

4月ですね。

 

最近、朝の電車では慣れないスーツと、

慣れない電車にとまどう「THE 新入社員」を最近見かけます。

自分もそんな時代があったなあと懐かしい気持ちになります。

 

上京したばかりの頃は、東京の電車という未知の世界にびっくりの連続でした。

間違えて快速に乗ってしまったり、乗り換えでしくじったり、

出口か多すぎてどっちに行けばいいやら、駅の中をさまよったりと目的地に辿り着けず少し大変でした。

 

地方から上京してきた人がきっと感じる、東京の電車にまつわる個人的プチびっくりを書こうと思います。

 

① 電車がすぐ来る!(私の地元では通常1時間に1本)

 

② でも満員!! ちょいちょいはさまる人も。

 

③ 1駅の間隔が短い!!(私の地元では1区間6~7分くらい)

 

④ 準急、急行、特急、快速って何!?

  同じ駅でも停車したりしなかったり、沿線によって言い方が異なりトリッキー

 

⑤ 駅構内の乗り場までが遠い、地上までが遠い!!

大江戸線の六本木駅は深い!! 副都心線もなかなかです。

路線も多く出口の多い池袋駅はいまだにマスターできません。。

なぜ、東口に西武、西口に東武があるのか!?

 

小さなしくじりをたくさん重ねた身としては、上京組の若者にエールを送りたいと思います。

※ただ、寝過ごしだけは要注意です。