しんせんぐみ!

ものすごくご無沙汰しております、三條です。

お変わりありませんでしょうか?
僕は更新がない間に新撰組検定なるものを受けに行っておりました。
その名の通り、ひたすら新撰組に関する問題が出るという誰が得するかわからない検定ですが、当日はなかなかの人出で、歴史ブームとやらの実態を感じましたね。
んで、結果はというと、「まあ、おれなら余裕でわかるやろ」と高を括って一週間前から勉強を始めあっさりと合格しました!

が、実感として思ったより難しかったなという感じです。
今回うけたのは3級と4級でしたが、
4級で新撰組に関する体系的な本を数冊読み込めば受かるレベル、
3級で新撰組に関して小説や映像作品を読み込み、関連する史跡に足を運んでればわかるレベル。
また、2級と1級の問題もためしにやってみたんですが、2級に関してはかなりマニアックに読み込みかつ意識的に委細を暗記していかないとつらく、1級に関しては専攻して研究でもしてないとつらいね、これ。
それでも結構な受験者がいたんですよね。
新撰組のファンすげーな、と思いつつこういう風に好きなものを体系的に学ぶことはなかなか少なくなってきているのでとても良い機会でした。
いまはいろんな検定があるみたいなので、みなさまもよろしかったらぜひ!

どや!(合格ラインは7割が通例らしく、3級はじつはギリギリでした…